【ワンオペお風呂】2歳・0歳を二人同時に入れる方法と便利グッズ

※本サイトにはプロモーションが含まれている場合があります。
※本サイトにはプロモーションが含まれている場合があります。

二人育児をする中で大変なことのひとつ、それはお風呂ではないでしょうか。

新生児期の赤ちゃんは沐浴でお風呂に入れるため別々ですが、その後は上の子がいる状態で毎日お風呂に入れなければなりません

しおりり
しおりり

どうやってお風呂に入れたらいいか、気になる問題ですよね。

この記事では、ワンオペで0歳児と2歳児を同時にお風呂に入れる方法をご紹介します!

1.下の子が生後一ヶ月〜のお風呂の入れ方

赤ちゃんをバウンサーに乗せて脱衣所で待ってもらうやり方が多いですよね。

我が家の場合、そばにいないと赤ちゃんがギャン泣きするので、洗い場まで連れて行って待ってもらうスタイルでお風呂に入っていました!

しおりり
しおりり

洗い場の大きさにもよりますが、場所を確保するためお風呂のイスは脱衣所に出しておくと広く使えます。

1-1.事前準備

①お湯を張る。

②脱衣所にタオル、パジャマ、おむつ、ケア用品を準備する。
赤ちゃんのものは、下からパジャマ→肌着→おむつ→タオルの順で広げて置いておくと、お風呂から上げた後もスムーズです!

冬場は浴室の暖房をつける。(ない場合はお風呂の蓋を開けて少しでも温めておく

④お風呂の洗い場にベビーマットを準備する。

1-2.みんなでお風呂へ

しおりり
しおりり

上の子(2歳)→私→下の子(0歳)の順番で体を洗ってからお風呂に入ります!

①上の子と自分の服を脱ぐ。赤ちゃんはおむつをつけたままベビーマットへ寝かせ、寒そうなら着ていた服をかける。

②上の子を洗う→浴槽で遊ばせておく。

③猛スピードで自分を洗う!(3秒に1度は2歳児と0歳児の様子を確認する

④かけてあった服とおむつを脱がせ、下の子を洗う。

⑤湯船につかる。

1-3.お風呂からあがったら

①下の子を湯船から上げてベビーマットへ、ガーゼをお腹の上に広げて、お湯をかける。

②浴室内で猛スピードで自分の体を拭き、服を着て、頭にバスタオルを巻く(余裕があれば化粧水と乳液も・・・)

下の子に再度お湯をかけて温めてから、脱衣所に用意したバスタオルの上に移動させて拭き、パジャマを着せ、保湿をする。(上の子の安全確認も忘れずにする!)

④お風呂で遊んでいる上の子を湯船から上げて、パジャマを着せ、保湿をする。



以上、おつかれさまでした!

お風呂の中での段取りも大切ですが、

入浴前に入浴後の準備をしっかりしておくことがポイントだと思います。

ワンオペだと全て自分でやらなければなりません。

足りないものがあると取りに行かなければならず大変です!

一度イメトレしてからお風呂に入るのもいいかもしれません。

2.ワンオペお風呂でおすすめの便利グッズ4選

しおりり
しおりり

実際に使っていたもので、ワンオペ時に役に立ったものをご紹介します!

2-1.リッチェル ひんやりしないおふろマットR

これ無しではワンオペでお風呂にいれられません

このベビーマット、素材が発泡スチロールなので赤ちゃんを裸で寝かせても背中が冷たくありません。

お湯をかけてあげれば、背中のくぼみ部分にお湯がたまるので温かい。

そして、とても軽いので浴槽に立てかけて乾かすことができ衛生的!と大変お世話になっています。

上の子の時は違うベビーマットを使っていたのですが、使用後にうまく乾かすことができず、裏側がカビてしまい衛生的に気になっていました。

こちらは現在半年以上使っていますが、カビは全くできていません



【2024年1月 追記】

我が家は下の子が立てるようになるまで使うことができました!

そしてカビも全く生えませんでした!(感動…!)

よく動く子は早々に使えなくなってしまったという話も聞くので、こればかりは個人差ですね。

個人的にはとってもおすすめしたい商品です♪

2-2.100均の洗い桶

本来の用途は食器洗いで使う「洗い桶」です。

(上の子が0歳の時)お座りができるようになってからのワンオペお風呂でとても活躍しました!

この中にお湯を入れて座らせ、私が体を洗い終わるまで遊んで待ってもらっていました。

下の子0歳はお座りができるようになってからも、リッチェルのおふろマットを嫌がらず寝転がっていてくれていたため、こちらの出番はありませんでした。

2-3.IKEAのショートサム(ベビーケアマット)

適度にふかふかで、これがあるとリビングでも脱衣所でも、色んなところに赤ちゃんを寝かせておけます!

上下左右には浮き輪のように膨らませることができるので、寝返りしにくいのもポイント。

我が家では、脱衣所で赤ちゃんを拭いたり、パジャマを着せたりする場所としてとても重宝しました。

水をはじく素材なので濡れてもすぐ拭き取れて、お値段もリーズナブルです。

2-4.おふろで遊ぶおもちゃ(上の子用)

お風呂用のおもちゃはたくさんありますが、個人的には100円ショップのもので十分だと思います!

子供って新しいおもちゃが大好きですよね。

我が家は定期的に100均で新しいおもちゃを買ってお風呂で使っていました。

新しいものだったら何でも夢中で遊んでくれました!

100均のおもちゃでなくても、使用済みのペットボトルヨーグルトのカップなども結構いけるので試してみてください♪

3.上の子をお風呂で待たせておくときの注意点

我が家の2歳児はお風呂(水遊び?)が大好きでずっと遊んでいるので、待たされて可哀そうということはありませんでした。

しかし、絶対に気を付けなければならないのはお風呂での事故です。

子供は鼻と口を覆うだけの水があれば、cmの水位でもおぼれてしまいます。

安全対策はしっかりしてワンオペお風呂を乗り切りましょう!

我が家の安全対策
  • お風呂のドアは半開き
  • 常に話しかける
  • 3秒に1回は見て確認する

この3点だけは忘れないようにお風呂に入れていました!

4.まとめ

子供たちが2歳0歳のとき、私が一番やりやすかったお風呂の入れ方をご紹介しました。

上の子と下の子の性格にもよるので、この方法がベストとは言い切れません。

我が家の例を参考に、ご自分のベストなやり方を見つけていただけたらいいなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました