【事前準備】ディズニーに行く前にやること・観るべき映画|子連れでディズニーをもっと楽しむ!

記事内に広告が含まれている場合があります。
しおりり
しおりり

子供連れで(3歳・1歳)ディズニーに行ってきました!

実際の経験から、ディズニーへ行く前にこれはやっておいた方がいい!と思うことをまとめました。

これからディズニーに行くという方の参考になればうれしいです。

1.ディズニーのアプリに慣れておく

東京ディズニーリゾート公式アプリは今やディズニー旅行を楽しむために必須です。

アプリ導入後初めてディズニーに行くという方は、アプリの画面周りに慣れておくと当日焦らずに行動できます。

アプリの中でこれは使えるようにしておけるといいものは以下です↓

1-1.パークチケットの表示

ディズニーランドまたはディズニーシーに入園する際にアプリのQRコードを提示します。

当日初めてアプリを見ると、パークチケットどこ!?となる可能性があるのでスムーズに表示できるようにしましょう。

みなさん早く入園したいので念のため確認しておくと安心ですよ!

1-2.アトラクションなどの待ち時間の確認

ディズニーのアプリは、ディズニーリゾートにいなくてもアトラクションなどの待ち時間が確認できます

行く予定の日と同じような条件の曜日の混雑状況を確認しておくと◎

しおりり
しおりり

1~2週間前の同じ曜日、時間の待ち時間を確認して行ってます

アプリでアトラクションやレストランの待ち時間などを見ておくと、当日の状況に焦らずに行動できますし、スケジューリングもしやすいです。

1-3.アトラクションのパスの取り方

DPA(ディズニー・プレミアアクセス)

取得することで指定した時間にアトラクションに乗れる有料サービス

プライオリティパス

取得することで指定された時間に短い待ち時間で利用できる無料サービス

この2つは入園後に利用できるサービスです。

混雑日の人気アトラクションはあっという間に発券終了になることもあります。

事前にアプリのどこから取得するか確認しておき、入園したらすぐに取れるようにしておきましょう!

スマホの位置情報をオンにしておかないと取得できないので気を付けてくださいね。

しおりり
しおりり

ショーが見たい方はエントリー受付もお忘れなく。

2.パーク内のマップを見ておく

  • お目当てのアトラクション
  • 行きたいレストラン
  • 赤ちゃん連れならベビーセンター、多目的トイレ

などは事前にマップで確認しておくと現地でスムーズに動けます。

パーク内の地図をしっかり頭に入れておきたいなら、Googleマップがより正確です!

アプリのマップだとすぐに見えるところが実際には意外と距離があったりします。

しおりり
しおりり

マップを見ていると実際にディズニーにいるみたいで行く前からワクワクできますよ♪

3.ディズニー映画やキャラクターの予習

子連れでディズニーに行くならやってほしい!

まだ小さいとディズニーをあまり知らないという子も多いはず。

キャラクターや映画の予習をして行くとさらにディズニーを楽しめます!

ちなみに我が家の予習の方法は…

  • ディズニーの絵本を読み聞かせる
  • ディズニー映画を見せる
  • ディズニーストアに行って雰囲気を味わう

ディズニー関連の動画をたくさん見るならディズニープラスがおすすめです。

大人も見れて楽しいし、ディズニーに行くまでの間もワクワク気分を味わえます

予習して行ったおかげで、うちの3歳児は「ニモがいる!」「マイクのパンだー!」など、

アトラクションに乗らなくてもパーク内にいるだけで楽しそうだったのでかなりおすすめです。

3-1.ディズニーランドに行く前に観る映画

おすすめはこんな感じです。

  • モンスターズインク(モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”)
  • くまのプーさん(プーさんノハニーハント)
  • 不思議の国のアリス(アリスのティーパーティー)
  • 美女と野獣(美女と野獣”魔法のものがたり”)
  • リロ・アンド・スティッチ(スティッチ・エンカウンター、魅惑のチキルーム:スティッチプレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”)

3-2.ディズニーシーに行く前に観る映画

  • ファインディング・ニモドリー(タートル・トーク、ニモ&フレンズ・シーライダー)
  • リトルマーメイド(マーメイドラグーン内全般)
  • アラジン(アラビアンコースト内全般)
  • トイ・ストーリーシリーズ(トイ・ストーリー・マニア!)

これらの映画を見ておくとよりディズニーを楽しめるはず!

全部見るのはムリなので適当に流しておいて、食いついたものだけ見せていました。

乗る予定のアトラクションに出てくるキャラクターの映画を見せておくのも◎

ちなみに我が家に3歳児は「不思議の国のアリス」と「リトルマーメイド」が気に入った様子。

ディズニーシーではマーメイドラグーンでいっぱい遊びました!

4.待ち時間の対策を考えておく

ディズニーでは必ず待ち時間が発生します。

アトラクション待ち、レストランのごはんが来るまで、開園待ちなど…

小さい子連れで行く場合、待ち時間対策をしっかりして行きましょう。

(特に大人が)よりディズニーを楽しめますし、余計に疲れずに済みます

ちなみに我が家の待ち時間対策は…

  • 電子メモパッドでお絵描き
  • 絵本を持って行く
  • 動画を見せる
  • ポップコーンを買うか、ちょこちょこ食べられるおやつを持って行く
 ※おやつは小さな子供用のおやつのみ持ち込み可。

正直、退屈したときに一番食いつくのは動画です。

長時間動画を見せることに抵抗がある方もいると思います。

手持ちのおもちゃに飽きてしまったときのお守りとして持って行くといいかもしれません!

おすすめはこれらの動画配信サービス。

①U-NEXT

  • 無料トライアル期間があるので合わなかったら解約できる
  • 子供向けの定番作品がそろっている
  • 見放題作品数No.1

②ディズニープラス

  • 1作あたり10分程度のショートムービー(短編作品)が待ち時間にぴったり
  • 無料でおためしはできない(月額料金990円税込み)

★すでにHuluに登録している人は毎月500円追加するだけでディズニープラスが利用できます。

興味のある方は、Hulu | Disney+ セットプランをチェックしてみてくださいね!

動画配信サービスは、行く日に合わせて登録して、パーク内で見たい動画は事前にダウンロードしておきましょう。

そうすれば当日パーク内ではWi-Fi環境でなくても動画再生ができます

通信量を気にせずに見せられますよ♪

しおりり
しおりり

荷物も少なくて済むし、パーク内での待ち時間を親子楽しく過ごせるなら動画を見せておくのもありかなと思います!

5.サイン帳とペンを持って行く

やっておくことというより用意しておくものになるのですが、

グリーティングする予定があるならサイン帳を持って行くのがおすすめ!

しおりり
しおりり

お願いするとサインしてもらえます!

サイン帳のような紙以外にもバッグ帽子などにもサインしてもらえます。

サイン帳などはパーク内でも購入できますし、市販のものへのサインもOK。※着ている服へのサインはNG

キャラクターがサインしにくくないように台紙があると丁寧です。

我が家はミッキーにフォトフレームへサインしてもらいました!

サインやハグ解禁後すぐに書いてもらったらOとUが逆…?

なんにせよとても思い出に残る品になります!

6.事前準備してもっとディズニーを楽しもう!

以上、我が家が事前にやっておいてよかったことでした。

普通にディズニーに行くだけでも楽しいと思いますが、さらに楽しむための参考にしてもらえたらうれしいです。

ディズニー旅行を楽しんでくださいね♪

お読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました