【初産の無痛分娩出産レポ】計画じゃない通常の無痛分娩の流れは?

※本サイトにはプロモーションが含まれている場合があります。
※本サイトにはプロモーションが含まれている場合があります。

いざ妊娠してみると、どこの産院で出産するかどんな出産になるのか不安になりますよね。

しおりり
しおりり

出産について調べてみると、「鼻からスイカ」、「交通事故レベルのケガ」など、怖くなる言葉がたくさん出てきます。

日本ではまだまだ自然分娩が主流で、無痛分娩について情報が少なく、

「本当に痛くないの?」「どんな出産だったの?」と聞かれることが多いので、

初産の無痛分娩を振り返り、(計画ではない通常の)無痛分娩についてまとめてみました!

初産で無痛分娩にしようか迷っている方将来無痛分娩にしようか考えている方のご参考になれば嬉しいです。

1.無痛分娩とは

硬膜外鎮痛法と呼ばれる下半身麻酔で痛みを和らげて出産する方法です。

背骨付近にある硬膜外腔という部分にチューブ(硬膜外カテーテル)を入れて、チューブから麻酔を入れることで痛みが緩和されます。

しおりり
しおりり

海外では最も一般的な産痛緩和の方法のようです 

無痛分娩には2種類あります。

  1. 自然に来る陣痛を待ってから麻酔を入れる通常の無痛分娩
  2. 予め出産日を決めておいてバルーンや陣痛促進剤を使って人工的にお産をはじめる計画無痛分娩

計画無痛分娩のメリットは予定日を決めることができるということです。

上の子の預け先を考えなければならない場合や、旦那さんの立会を希望している場合は、予定日が決まっていると安心ですよね。

また、お産の進みが早かった場合でも、麻酔が間に合わなくなる可能性が低いことも計画無痛分娩のメリットです。

自然に陣痛が起こってから対応する通常の無痛分娩は、お産が進みすぎて麻酔が間に合わなくなる場合があります。

が、私は赤ちゃんが生まれてきたいときに生まれてほしいと思っていたので、麻酔が間に合わなくなる可能性を理解したうえで通常の無痛分娩を選択しました。

1-1.無痛分娩は痛くない?

無痛分娩は痛くないのか、

結論、無痛分娩は本当に痛くありませんでした!

しおりり
しおりり

私は陣痛の痛みは全く感じませんでした。

麻酔が切れかけているときにズーンと重い感覚はありましたが、麻酔を開始してから出産を終えるまで陣痛の痛みを感じることはありませんでした。

ただし!麻酔を開始するまでは陣痛を経験しました

産院にもよると思いますが、私の場合は子宮口が4~5㎝開いて陣痛が軌道に乗るまでは麻酔を入れてもらえませんでした

私の場合は、重めの生理痛のような子宮をぎゅ〜っと握りしめられている様な痛みでした。

耐えられるレベルの痛みですが、無痛分娩は全く痛みを感じずに出産できるわけではないので注意です

※陣痛は個人差があり、子宮口4~5cmで激痛だったという方もいます。




1-2.メリットとデメリット

無痛分娩のメリットとデメリットをまとめるとこんな感じ。

メリット


1.痛くない
麻酔をしているため陣痛や会陰切開の縫合の痛みを感じません。※個人差あり

2.産後の回復が早い
出産時の痛みのストレスを緩和するため産後の回復が早いと言われています。

デメリット


1.分娩時間が長くなる可能性がある
麻酔の影響で陣痛が弱くなりお産が長引くケースがあるようです。

2.副作用が現れることがある
発熱、かゆみ、吐き気、血圧低下など

3.リスクがある
脊髄くも膜下腔に麻酔薬が入ってしまうことによる呼吸困難、麻酔の濃度が高くなることによる中毒症状などがあります。

4.普通分娩よりも費用がかかる
産院によって費用は異なりますが、数万~十数万円くらいが相場のようです。

副作用について、私は麻酔を開始してからお腹にかゆみを感じたのと、出産後に38度代の熱が出ました。

助産師さん曰く、発熱はよくあるようで、私の場合一晩寝たら下がりました

また、費用は普通分娩+数万円~と、気軽に払える金額ではないので、よく相談して決める必要があります。

しおりり
しおりり

私が出産した産院は+15万円でした。 た、高い…

1-3.産院選びのポイント

上記に挙げたようなデメリットもあるため、

しっかり情報を集め、納得した上で産院を選ぶことが大切だと思います!

私の場合、以下3点を満たす産院に決めました。

  1. 麻酔医が常駐している
    無痛分娩の事故の多くは麻酔科医のいない施設での無痛分娩のため。
  2. 希望のタイプの無痛分娩を行っている
    私は計画無痛分娩ではなく自然な陣痛を待っての無痛分娩を希望していました。
  3. 自宅から近い
    上記の理由から麻酔が間に合わないかもしれないので、出来るだけ家から近い産院を探しました。

2.初産の無痛分娩出産レポ

しおりり
しおりり

 当時の私の情報

・初産(コロナ禍)
・アラサー
・普通体型

・39週
・子宮口2cm

2-1.出産当日の流れ

出産当日
  • 10:30
    5〜20分間隔

    安静にしていても5〜20分間隔でお腹が張っていることに気づく。

  • 12:00
    軽めの昼食

    麻酔をする前は◯時間飲食禁止です。(◯は病院により異なると思います。)
    しかし夫に、食べておかないと体がもたないと言われしぶしぶ食べましたが、食べておいて正解でした。(出産が終わるまで何も食べられませんでした。麻酔後に水は飲めました。)

  • 12:30
    産院に電話
  • 13:30
    産院到着、5~10分間隔、子宮口3cm

    NST、内診、前駆陣痛かも?と言われる。
    コロナ禍のため夫は産院に入れず外で待機。
    重めの生理痛という感じで、まだ全然耐えられる痛み。

  • 14:30

    だんだん正確な間隔になってきたため入院決定。

  • 15:00
    5分間隔

    入院準備、病室へ移動、書類にサインなど。

    まだ動ける。陣痛が来ている時は立ち止まれば耐えられるくらいの痛み。

  • 16:30
    4分間隔

    病室で一人で耐える。横になっていないとつらい。

  • 17:00
    子宮口5cm、4分間隔

    まだなんとか耐えられるが痛かったので、子宮口開いていて欲しいという願いを込めてナースコール→子宮口5cmで、麻酔の準備のため分娩室へ歩いて移動。
    初産にしてはここまでの進みが早かったようで驚かれました。

  • 18:00
    麻酔開始

    子宮口6cm。膝を抱えて丸くなり、背中に硬膜外麻酔をしてもらう。
    チューブを入れる前の、局所麻酔をされた痛みは分かりましたが、陣痛の方が痛かったのでほぼ何も感じませんでした。

  • 18:30
    麻酔の効き具合の確認

    足やお腹に保冷剤を当てられて、感じるかどうかを確認。
    陣痛の痛みは全く無くなり、助産師さんと笑って話ができる。
    おなか周りがむずむずかゆい。(副作用)

  • 21: 00
    子宮口全開

    全開だが赤ちゃんが降りてきていないので、助産師さんに破水させてもらい様子を見る。痛みは全くないが、腰やおしりに少し圧を感じる。

  • 22:00

    四つん這いの体勢になり、赤ちゃんが下に降りてくるよう促す。

  • 22:30
    いきみ開始

    陣痛が弱まってきたため吸引分娩+お腹を押される。引っ張られる感覚、押される感覚はあるが痛みはない。

  • 23:00
    出産

    2回目の吸引で、ズルッと赤ちゃんが出てきたのが分かり、すぐにオギャーと産声が聞こえました。無事に生まれてきてくれた安堵と感動で自然と涙が出ました。

以上、分娩所要時間(本陣痛の時間)は約9時間の安産でした!

麻酔の影響からか、最後の方に陣痛が弱まってしまい、吸引分娩+お腹を押されての出産となりました。

また、赤ちゃんが勢いよく出てきたことで会陰切開の他に産道も裂けましたが、麻酔のおかげで処置の痛みは全くなし。

(中は普通分娩だと局所麻酔が効かない?効きにくい?とのことで、心から無痛分娩にしてよかったと思いました…!)

2-2.無痛分娩の感想

無痛分娩で出産して一番良かったのは、やはり痛みが少なかったことです!

一番辛かったのは麻酔を入れる直前で、個人的には今まででトップクラスの痛み。

その後は嘘のように痛みが消えて感動しました。

「無痛分娩=全く痛みを感じずに産める」と思っている方は注意が必要だと思います。

また、麻酔後は陣痛が来ている感覚がないので、いざ出産のときにいきむタイミングが分からず、助産師さんにタイミングを教えてもらっていきむ形となりました。

出産翌日のお昼から赤ちゃんのお世話が始まりましたが、体力を温存できたのは本当に良かった!

陣痛中に変に力が入っていないので、筋肉痛などもなく会陰の傷は痛むものの身体はラクだったように感じます。

しおりり
しおりり

もし次の出産があれば無痛分娩を選択すると思います!

3.まとめ

一概に無痛分娩がおすすめ!とは言えませんが、

私自身の体験としては、リラックスして出産に臨めたこと産後の回復が早かったことなどから、無痛分娩にして本当によかったと感じています。

ただし、無痛分娩にはリスクもあります。

メリット・デメリットを理解した上で選択することが大切だと思います。

家族の意向もあると思うので、よく相談して決めてみてください。

あくまで一体験として、悩んでいる方の参考になれば幸いです。

お読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました